グラン岡山駅前歯科・矯正歯科|GRAND OKAYAMA EKIMAE DENTAL CLINIC

menu

close

スライダー画像 スライダー画像
スライダー画像 スライダー画像
スライダー画像 スライダー画像

スタッフブログ

Information

2023.09.19

インプラント治療とは?

岡山駅近くの「グラン岡山歯科・矯正歯科」院長の清水健介です。

当院には、残念ながら大切なご自身の歯を失ってしまった患者様も来院されます。

患者様からお話をお伺いすると、

「これ以上歯を失いたくない」

「今後自分の歯をどのようにケアしていったら良いのか分からない」

「失った歯をどうしたら良いでしょうか?」

というように、切実にご自身の歯について考えているんだなと感じます。

失ってしまった歯の箇所については、インプラント、ブリッジ、デンチャー(義歯)の3つの方法がありますが、

本日はインプラントについてお伝えをさせていただきます。

目次:

  1. インプラント治療とは?
  2. インプラント治療のメリット
  3. インプラント治療のデメリット
  4. 他の選択肢との比較
  5. まとめ

1. インプラント治療とは?
インプラントは、失われた歯の部分に人工の歯根を埋入し、修復する歯科治療の方法です。顎骨内に人工の「歯の基盤」を取り付け、その上部に補綴物を設置します。この人工歯根を「インプラント」と称しており、チタンやセラミックのような体に適した材料で作成されています。インプラントの主な魅力は、失った歯の部分に埋入することでお口の中のバランスを整えることができて、本物の歯と同等の見た目と機能性を実現することができる。食事時の不快感が少なく、まるで自身の歯のように機能するので、日常生活の快適さが増します。


2. インプラント治療のメリット

・自然な見た目と機能:

→インプラントは、人工歯根の上にジルコニア等のかぶせ物を被せるので、ご自身の天然の歯とほとんど変わらない見た目と機能を持っています。

・長持ちする

→インプラントは耐久性が高く、ご自宅での歯磨きやデンタルケアによるセルフケアと、定期的な歯科医院でのプロケアを正しく行うことができれば、インプラントを長持ちさせることが可能です。

・隣接する歯を研磨する必要がない:

 →失ってしまった歯の部分をブリッジで治療する場合は、隣接する健康な歯を削り、削った部分にブリッジをかぶせる必要がありますが、それでは健康な歯も時間が立つとぼろぼろになり、結局健康な歯も失うことになります。インプラントは失ってしまった部分に埋入するので、周囲の健康な歯を傷つけません。

・取り外すことなくケアできる:

 →入れ歯は取り外しが可能ですが、お口の中の環境は、毎日ご自身の体重分くらいの力がかかるとともに、高温多湿な状況でありかなり過酷な状況です。そのため、一度作成した入れ歯もお口の環境の変化により、合わなくなったり、ぶつかる箇所が出て痛いということが起きます。インプラントは人工歯根を埋めるため、そのまま歯磨きやデンタルケアグッズ(歯間ブラシ、フロス)を使うことができます。


3. インプラント治療のデメリット

・高額な治療費:

 →インプラントは自費診療のため、保険診療に比べ、金額が高くなります。

・手術が必要:

 →インプラントは、人工歯根を歯槽骨に埋め込むために手術を伴います。

4. 他の選択肢との比較
インプラント以外にも、欠損した歯を修復するための方法はあります。ブリッジやデンチャー(義歯)などの方法もあり、それぞれの方法には独自のメリットとデメリットがあります。最適な治療法を選択するためにも、当院ではカウンセリングで患者様の状況や要望、治療の目的を正確に理解し、複数の治療計画をご提案させていただきます。


5. まとめ
インプラント治療は、欠損した歯を修復するための革新的な方法ですが、メリットとデメリットがあります。当院には、インプラント学会に所属しており、多数のインプラント症例経験がある歯科医師が在籍しておりますので、ご相談ください。

#
ご予約 お問合せ
初診専用 24時間 web予約